女性たちが輝く時代

キャリアプランを意識する女性が増加傾向にあるとされています。さまざまな職場での経験を生かしていこうという取り組みは、どのような業界においても有用性があることといえるでしょう。昨今においては、国家レベルでも、女性が光り輝く社会やワークライフバランスなどの言葉が大きくクローズアップされるようになってきました。

厚生労働省をはじめ関連省庁では、このような取り組みに向けた具体的な対策を講じています。ワークライフバランスとは、朝から晩まで会社にいるという従来のあり方を暗に否定するものであり、男性が、家事や育児、介護などに積極的に参加することを促しています。また、待機児童ゼロや介護離職ゼロといった言葉が頻繁に飛び交っており、その実現に向けた動きも活発化してきています。これらの取り組みも、育児や介護に追われる女性の負担を軽くしようということを視野に入れた取り組みといえるでしょう。

そうすれば、家庭内における役割分担が暗黙の了解で女性に押し付けるという行為が続けられてきた我が国にも、変化の足音が迫っているといえるのかもしれません。夫が仕事で、妻が家庭を守るといった現実を見つめ直す必要があります。そんな中、キャリアプランを考える人が多くなるというのはうなずけます。夢と希望を持って就職するものの、結婚や妊娠、親の介護などを契機にして、積み重ねてきたものが一瞬にして意味がなくなるということは決してあってはなりません。むしろ、そのキャリアをいかしていくことに目を向けるべきだといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です