人にやさしい会社選び

女性がキャリアを重ねて管理職になりたい場合、「見えない壁」に阻まれて出世できない場合が多々あります。男性優位な会社に就職した場合、どれほど資質があっても会社の理解を得られず管理職にはなれないのです。もしくは、なれたとしても下につく男性達を統括できない可能性があります。もしもキャリアプランの中に管理職を思い描く場合、男女差別のない会社に就職する努力が欠かせません。

女性のキャリアアップを積極的に支援する会社は化粧品メーカーから女性向け下着メーカーまで多様に存在していますので、理想のキャリアプランを実現できる場所を選ぶようにしましょう。またこうした会社はキャリアアップの途中で出産と育児を挟みたい女の人を支援する体制も整っていますので、大変理想的です。ただ、仕事熱心な人にありがちなのが十分な育児休暇をとらずに産後すぐ働き始めること。無理をして体調を崩してしまう人もいますので、きちんと気を付けましょう。

また育児にできるだけ時間を割きたい女の人のために短時間正社員制度を取り入れている会社も少なくありません。こうした場所に就職した場合、会社の理解が得られるだけでなく、何より周囲のスタッフが育児に対して理解を示してくれるのも嬉しいポイントです。いかに制度が整っていたとしても、休みを取得したり早退する事で同僚に嫌がられるようでは、会社に居辛くなってしまいます。キャリアプランの中に「育児」を組み込みたい女の人は、会社全体が子育てに協力的な気風のある場所に就職しましょう。自身の出世を考えても重要なポイントです。

また、働き続けるためには育児だけでなく親の介護も視野に入れておく必要があります。いつ何時に、そうした事態が自分に降り掛かってくるかはわかりません。安心できる将来をつくるためにも、育児も介護もできる環境を実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です